スポンサードリンク


絵銭とは?わかりやすく解説

絵銭とは、お金の形をした昔の玩具です。

読み方は「えぜに」、「えせん」

本物のお金では無いので今の時代で言えば「メダル」みたいなものでしょうか。

「昔作られたメダル=絵銭」といっても良いかもしれません。

本物のお金ではありませんが、希少価値のある絵銭も多くコインコレクターや古銭収集家の間では高い値段で取引されていたりします。

日本では主に室町時代から~江戸時代、明治時代、大正時代に多く作られており種類も豊富で実に数百種類以上あるとされております。

また中国や朝鮮、台湾などでも絵銭は昔から数多く作られております。

現在も玩具屋さんや雑貨屋さん、百円ショップなどに行くと子供の遊び用の玩具のお金って沢山売られておりますよね?(笑)

昔の江戸時代などでも子供が遊ぶ用に「玩具のお金(絵銭)」が沢山作られていたのでしょうね。

絵銭は子供のママゴトや面子(メンコ)、足蹴り遊びなどで使われていました。
また子供の遊び用以外にも絵銭は「お守り」、「縁起物」、「贈答用」、「記念コイン」としても使われていたそうです。

だから絵銭には仏像や観音、七福神などの絵が彫られたものが多いです。

中には念仏題目など仏教のお経が彫られた絵銭も多いです。

ただ、絵銭に関する昔の資料や文献などが非常に少なく、絵銭は謎な部分が多いのが現実です。

絵銭の種類も非常に膨大で、おそらく数百種類はあるのではないでしょうか。

私も今まで数多くの絵銭を発見し収集してきましたが、今でも見たことが無い絵銭を見つけることがあります。

絵銭は非常に奥が深いコインだと思います。

実際に流通していた古銭やアンティークコインなどよりも奥が深く味わい深い物だと思います。

私は古銭マニアとして国内、国外のアンティークコインやモダンコインなどを数多く集まております。

そのコイン収集を通して実感しているのですが、「絵銭」というコインジャンルは数あるコインの中では最も奥が深いと思っています。

絵銭が奥が深い理由は種類やデザインがバラエティに富んでいるからです。

また中には高額で取引されているレアな絵銭もあります。

実際に、絵銭コレクターの方は多く、コインショップやネットオークションなどでも高い値段で買われる絵銭も多いです。

そう絵銭は、希少な物であれば資産価値があると思います。

そういう意味では絵銭を収集することは自分の資産を増やすことにもつながるのではないでしょうか。

ちなみに私は、絵銭の色々なユニークな絵柄や昔ながらの味のあるワビサビ感に魅了されて収集しており、あまり投資とか資産とか考えていないのですが、いつの間にか絵銭収集を通して資産が増えているのかも?!